医学部 基礎医学生化学ⅡBiochemistry II

JapaneseEnglish

研究室HP

生化学Ⅱ2016-2

教育は、第一学年「代謝と遺伝 I」、第二学年「代謝と遺伝 II」を担当(生化学 Iと共同)。
研究は、将来の医療の新しい展開に繋がるような成果を目指し、血管および眼を対象として以下の課題について研究を行っている。
1. 血管新生制御の分子機構の解明
 血管細胞で特異的に働いている遺伝子の機能解析。
2. 血管と神経の相互作用の解明
 神経-血管相互作用により活性化される遺伝子の同定と機能解析。
3. 選択的RNAスプライシング/プロセシングの制御機構の解明
 可溶型VEGF受容体 mRNAの産生制御機構の解析。
4. 眼の機能維持と病態発生の分子機構の解明
 眼の機能維持や疾患の原因の遺伝子レベルでの解析。
詳細は教室ホームページ内で。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8111 +81-76-218-8111 / FAX: 076-218-8111 +81-76-218-8111 / Email: biochem2@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 米倉 秀人 2生化米倉

講師

  • 池田 崇之

助教

  • 吉冨 泰央
  • 高辻(齋藤) 英仁

非常勤講師

  • 吉竹 佳の

主な研究業績

部門別研究業績

  • Ikeda T, Yoshitomi Y, Saito H, Shimasaki T, Yamaya H, Kobata T, Ishigaki Y, Tomosugi N, Yoshitake Y, Yonekura H. Regulation of soluble Flt-1 (VEGFR-1) production by hnRNP D and protein arginine methylation. Mol. Cell. Biochem. 413(1-2): 155-164 (2016)
  • Ikeda T, Takasawa S, Noguchi N, Nata K, Yamauchi A, Takahashi I, Yoshikawa T, Sugawara A, Yonekura H, Okamoto H. Identification of a major enzyme for the synthesis and hydrolysis of cyclic ADP-ribose in amphibian cells and evolutional conservation of the enzyme from human to invertebrate. Mol. Cell. Biochem. 366(1-2):69-80 (2012)
  • Sugihara T, Munesue S, Yamamoto Y, Sakurai S, Akhter N, Kitamura Y, Shiba K, Watanabe T, Yonekura H, Hayashi Y, Hamada J, Yamamoto H. Endogenous Secretory Receptor for Advanced Glycation End-products Inhibits Amyloid-beta1-42 Uptake into Mouse Brain. J. Alzheimers Dis. 28(3):709-720 (2012 )
  • Ikeda T, Sun L, Tsuruoka N, Ishigaki Y, Yoshitomi Y, Yoshitake Y, Yonekura H. Hypoxia down-regulates sFlt-1 (sVEGFR-1) expression in human microvascular endothelial cells by a mechanism involving mRNA alternative processing. Biochem. J. 436 (2):399-407 (2011)
  • Osada H, Yoshitake Y, Ikeda T, Ishigaki Y, Takata T, Tomosugi N, Sasaki H, Yonekura H. Ultraviolet B-induced expression of amphiregulin and growth differentiation factor 15 in human lens epithelial cells. Mol. Vis. 17:159-169 (2011)

主な外部研究資金

  • 科学研究費補助金 若手研究B,課題番号:24790297,吉冨 泰央,「血管は神経の働きかけにどう応答するか?血管形成におけるJunBの新しい役割の解明」, 平成24年度~平成27年度
  • 科学研究費補助金 基盤研究C,課題番号:23590349,米倉秀人,「高転移性ルイス肺癌細胞株が類洞様腫瘍血管を誘導する分子基盤の解明」, 平成23年度~平成25年度
  • 科学研究費補助金 若手研究B,課題番号:00374942,池田崇之,「眼内血管形成における可溶型VEGF受容体の役割:個体レベルでの解明」, 平成23年度~平成25年度
  • 科学研究費補助金 基盤研究C,課題番号:20590290,米倉秀人,「神経-血管相互作用による血管ネットワーク形成に関わる遺伝子群の探索と病理機能」, 平成20年度~平成22年度
  • 科学研究費補助金 基盤研究C,課題番号:20592063,吉竹佳の,「増殖性網膜症の新規治療法の開発-miRNAを標的とした血管新生抑制」, 平成20年度~平成22年度